スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルのまとめ 福島原発の20キロ圏外からストロンチウム

東京電力福島第一原子力発電所から見て、北西方向約22から62キロ離れた

福島県内11か所の土壌から、放射性物質のストロンチウム89と90が検出

されたと、文部科学省が発表しました。



ストロンチウムとは、人間の体内に入るとカルシウムのように骨に蓄積しやすい

ため、内部被曝の恐れを指摘されています。

濃度からいえば、健康に影響がないレベルだと言いますが、半減期が約28年という

長い期間であることが懸念されています。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。