スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社グループ 景気ウォッチャー調査での景気現状判断

新聞に載っていた記事ですが、内閣府が発表した6月の景気ウォッチャー調査では、
景気の現状判断が49.6で、前月と比べて13.6ポイントと統計開始以来の最大の
上昇という結果が出たそうです。この景気の現状判断は震災前の水準を上回ったそうなの
です。3か月連続の上昇で、企業動向関連や家計動向、そして雇用関連がともに2桁の
上昇となって、消費自粛の動きや生産停滞などの影響が薄れて、街角景気のマインドが元
の状況に戻ってきたことをうかがわせるということなのです。
みなさんの家庭ではいかがでしょうか。「景気がよくなってきた」「消費自粛が薄れて
きている」ということはあるでしょうか。もちろん中には「全くそんなことは感じない」
という人も多いでしょう。ただ、こういったニュースを目にすると気分が明るくなりますね。


個人経営の職人たちが報道ニッポン 職人で紹介されていました。
スクール内に通う方に普段はどのような施設を利用するのか訪ねた所、その方はよく利用すると話していたそうです。
今度、報道通信社 雑誌に取材記事が取り上げられることになりました。今から掲載記事が楽しみです。
友人にあった保険は、生命保険 西区で相談したそうで、是非とも入りたいと話していました。
長らく国際通信社で働いている友人が相談に乗ってくれないかと連絡してきました。
内容のさわりの部分と思われる霧島に行くための心得、という文章が続いていました。
そのお陰もあり、今ではザ・ヒューマン 雑誌で掲載される企業に対談記事が掲載される程になったそうです。
以前見かけたインターネットの掲示板にもリフォーム 大阪の調査をしている方がいらっしゃったのを思い出しました。
コマンドマガジンは、国際通信社 雑誌から刊行されています。
不動産を購入される若い方たちには高級志向な方も多いようで、住宅ローン 大阪で相談される方もいらっしゃるそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。