スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済誌 国際ジャーナルの取材より 世代の評判

アラサーの人対象に、給料に不満があるか、と
調査したそうです。
結果、60%もの人が不満を抱えており、
ならば、希望する年収は?との問いに、、900万と答えた人が圧倒的だったとの事。


現実的には、年収800万を超える人は全体のわずか6%に過ぎないらしい。
希望と現実とのギャップが著しいです。

でも、興味深いことに、この、アラサーの中でも、ニュウ・アラサー(アラサーもいまや、前半、後半で呼び名が変わるらしいです)は、今後の給料の増額はあると思うか?の問いに比較的楽観的な見方をしているよう。

年と共に増えていくだろう、と答えた人が多かったとか。
やっぱり年代によってかなり温度差がありますね。
いまのニュウ・アラサーは、ゆとり世代の子供たちだったのかな?
これだけ、成果主義が取り入れられた日本社会でも、よるべは年功序列、終身雇用だったりするのでしょうか?

そういえば、また、公務員人気は高まっているようす。
案外、賢い選択が上手な世代なのかもしれません。
まず、貯金、という人も多いようす。
一番浮ついていたのは、私たち世代だったのかも、と
反省しきりです。


私が過去に転職などを紹介している職業安定所で職を探している時には、私が求めている求人にピッタリの情報を持ってきてくれるなど、昔から情報を調べる技術が卓越していました。
例えばビーチリゾートで着るような明るめのシャツにも問題なく合わせられそうで、彼にとてもよく似合っていました。
関西では、マンションの物件も合わせて探していました。
他にも、ザ・ヒューマン 企業にある場所で、訪問した事もあるらしく、知人を尋ねる為に大阪へ行った際には一緒に企業を回ったそうです。
知人はとても好奇心旺盛で、現代画報社グループの企業掲載で見かけた企業に興味を持って電話で話を聞いてみたそうです。
更に反射性の黒系統と透過性のある紫系統の二色をブレンドして、深みのあるパープルブラックになっているイルミネートも瞳を大きく見せる事が出来そうだと話しておりました。
友人は仕事の都合で賃貸情報の情報収集をしているそうで、国際通信社グループの雑誌を参考にしていました。
友人は、物件検索 大阪のサイトでとても気に入った外装の物件を見つけたらしく、とても気に入ったので外壁塗装 大阪の業者に塗り替えをお願いしたそうです。
色々な情報を得たからでしょうか、RODでもカメラや防犯の注目してしまいました。
現代画報社 ビジネスの情報の見易さもこの雑誌の購読しやすい点ではありますが、何よりも女性の方たちが気にしている点を網羅している点が魅力だと感じました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。