スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国際通信社とは 詐欺?だけ?

交際相手が次々不審な死を遂げる・・・なんて、
どう考えても不自然ですよね。
最近、巷で報道されているあの事件です。

これまでも、同様の事件ってあったように思いますが、
保険金目当てとか、薬を使ったとか、直接関与したとか、
早い時期に真相究明されていた気がします。

結婚詐欺の容疑で逮捕されたんですよね。
お金自体は相手の方が生きている内に
さんざん引き出しているのだから、
用がなくなったから切り捨てたのかなと
何となく想像してしまいます。

貢ぐほどのめりこんでいた人なら、
直接手をくださなくても、言葉の暴力だけでも洗脳できるんじゃ?
なんて事まで考えてしまいました。

傍聴に来ていた女性のインタビューがあったけれど、
どんな人でどんな様子、話し方をするのか、興味を持ってしまったと。
うーん、分かる気がします。


自分ひとりで勉強をするには大変ですが、知人の方に株取引を行っている方が居てたまに相談に乗って貰っているのだそうです。
インターネットを利用すると様々な情報を手に入れる事が出来るらしく、金融機関コードを調べることも出来るそうです。
現在は、少しずつ資格をとるため勉強に切り替えていくと話していました。
友人は、今では国際通信社 歴史を読む方にも、分かり易く解説できるようになったそうです。
現在、友人は長年勤めている報道ニッポン 月刊から、表彰されたそうです。
先輩はデジタル一眼の購入を考えていて後輩からE-5 ボディがよさそうだと聞いていました。
現代画報社 月刊の雑誌の取材を受けました」と喜びの記事が掲載されていました。
今後もこの分野は発展するだろうと彼女の転職を嬉しく思いました。
友達が、報道通信社 異業種ネットの雑誌を購読するのがお勧めだそうです。
異業種ネットに、そういった報道ニッポン 職人が載っているそうで、調べるにもコツがいるかと思いますが、良いインターネットの利用方法だと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。