スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップフォーラム 福岡 信頼関係無くしては

食品偽装について、日々、賞味期限の改ざんや産地偽装のニュースが後を絶たないことを考えると、取り上げたくなるのはよく分かります。最近では「偽装」という言葉が耳慣れてしまっているような気さえします。でも、2009年上半期だけで23件78人が検挙されており、過去最悪の数字だなんて話を聞くと、さすがに不安を通り越して憤りを感じてしまいますよね。
偽装される食品、偽装の手口は多岐多様化しています。例えば牛肉、豚肉、うなぎ、あさり、たけのこ・・・これらの食品偽装の共通点は、外国産を国産と偽っているところです。冷凍ギョーザ事件をきっかけに消費者の間に高まった「国産志向」を利用しているわけで、短絡的ではあるけれど一番つけ入り易く簡単な方法なのかもしれません。「ブランド志向」を利用した偽装も同じ。米によく使われている手です。未審査の米をブランド米に混ぜて売るとかね。特に増えているのは有機農産物の偽装で、有機JAS規格基準を満たしていないのに偽って表示するケースが目立ってきているそうです。
私たちが口にする食品は、外食は尚更のこと、加工品が多くなってきていますよね。原材料から調味料、保存料、添加物、こんなもん偽装しようと思えばいくらでも出来てしまいそうです。でもそれをしないのは人間としての倫理観によるわけです。一方、私たち消費者側もその食品を提供している生産者、販売店を信頼して購入し食しているのです。お互いの信頼関係無くしてはあり得ない。今はその信頼関係が一部で崩れかけているのかもしれません。確かに偽装する側に非があるけれど、「食」に対する消費者の態度も改めるべきところが多いように思います。「国産」や「ブランド」に飛びつき、少々の汚れやキズ歪みを許さない、フードロストを無視している、味覚が鈍感になっている・・・などなど。日本の「食」における安全神話をもう一度蘇らせるためには、日本人の「食」への意識をもう一度見直さなければならないのだと思います。




友人がそのなかで興味を持ったのは報道ニッポン 歯科という雑誌でした。
また、後にサイトで確認したオイルマッサージ 大阪として紹介されているマッサージもあったそうで、今度友人と行くことにしました。
友人が読んでいた雑誌は初心者の方にも分かり易く作られており、この報道通信社 動画の雑誌の説明は目を見張るものがあります。
今度、報道通信社 雑誌に取材記事が取り上げられることになりました。今から掲載記事が楽しみです。
現在、友達は長年勤めている報道通信社 いい店から、表彰されたそうです。
友人は仕事の都合で企業情報の情報収集をしているそうで、報道通信社グループの雑誌を参考にしていました。
また住宅検索は 69%の確立を採用しているそうで、他の物件検索 大阪のサイトに比べてにお勧めだそうです。
話し合いの結果、オーイェーを行うことに賛成してくれたようです。
その方は出版為のイラスト専門学校へ通う為にこれまで昼夜を問わずに仕事をしてきたという話を聞き、自分の夢を実現する為に努力を重ねてきたことが感じ取れました。
最近の理容のサービス内容は豊富で、髪毛力 ヘアブラシを使って幅広いサービスを受け付けています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。